キャンペーン情報

シャーガス病に対する安全対策の変更について

2016/08/24

 

日頃より献血へのご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 日本赤十字社は、主に中南米で発生している感染症「シャーガス病」の輸血感染を防ぐために2012(平成24)年10月15日から、中南米地域の対象国・地域に居住または滞在されたなどの一定の条件に該当する献血者の献血血液は輸血には使用せず、血漿分画製剤用の原料血液として使用する安全対策を実施してきました。この度、2016(平成28)年8月22日から、シャーガス病に対する安全対策の内容を一部変更いたしました。

 詳細につきましては、日本赤十字社本社ホームページ内にて掲載しておりますので、こちらからご参照ください。

 献血者の皆さまには、献血会場において中南米諸国への滞在歴等をご申告いただくなど、お手数をお掛けいたしますが、引き続き、輸血感染防止を目的としたシャーガス病に対する安全対策へのご理解とご協力をお願い申し上げます。